コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近畿型農業 きんきがたのうぎょう

1件 の用語解説(近畿型農業の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

近畿型農業【きんきがたのうぎょう】

戦後の農地改革までの日本農業の地域的な型の一つで,東北型農業に対するもの。地域的には広く西南日本をさし,東海・南関東を含めることもある。これらの地域は早くから貨幣経済に包摂され,商業的農業が発達し,土地の高度利用や集約経営により日本農業の生産力をリードした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

近畿型農業の関連キーワード日本農民組合農地改革バレンシア農地委員会寄生地主土地改良法特定遊休農地日本学校農業クラブ大和田啓気ラデジンスキー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone