近眼(読み)きんがん

精選版 日本国語大辞典「近眼」の解説

きん‐がん【近眼】

〘名〙
※洒落本・通言総籬(1787)二「こいつはきつい。それでは(キンガン)とは思はれねへはへ」
② (比喩的に) 物事の先を見通すことのできない目。また、その人。あるいは、狭い見方しかできないこと。また、その人。近視眼
舞姫(1890)〈森鴎外〉「わが近眼は唯だおのれが尽したる職分をのみ見き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の近眼の言及

【屈折異常】より

… 調節を休めたとき,無限遠から眼に入ってくる平行光線が像を結ぶ位置は,眼の状態によって異なり,次のように分けられる。(1)正視 網膜に像を結ぶもの,(2)近視myopia∥near sighted eye 俗に近眼ともいう。網膜の前方に像を結ぶもの,(3)遠視hyperopia∥farsightedness 網膜の後方に像を結ぶもの,(4)乱視astigmatism どこにも像を結ばないもの。…

※「近眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android