職分(読み)ショクブン

デジタル大辞泉の解説

しょく‐ぶん【職分】

その職についている者がしなければならない仕事。「職分を全うする」「職分を果たす」「画家の職分
各人がそれぞれの立場で力を尽くしてなすべき務め。本分。
「学問とは…人たる者の―を知ることなり」〈福沢学問のすゝめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しき‐ぶん【職分】

※続日本紀‐和銅四年(711)五月辛亥「帳内資人名入式部、不予選之限、既叙位記者許之、職分不此例

しょく‐ぶん【職分】

〘名〙
① 職務上の本分。職務として当然しなければならないこと。仕事としてのつとめ。役目
※彝倫抄(1640)「臣下たるものは大小によらず、面々うけとりたる職分(ショクブン)をつくすを肝要とすることなり」 〔尹文子‐大道上〕
② 自分の行なうべきつとめ。自分が、人間として当然しなければならない事柄。本分。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)五「分守は各己が職分を守を云」
※学問のすゝめ(1872‐76)〈福沢諭吉〉二「学問とは〈略〉人たる者の職分を知ることなり」 〔諸葛亮‐前出師表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の職分の言及

【年功的労使関係】より

…日本の労使関係においては,この2様の意味をもつ年功がいろいろな人事処遇制度を貫く原理となってきた。これは,表に示した身分(現在は資格と呼ばれることが多い)・職分(現在は職制と呼ばれることが多い)制度によくあらわされている。この表の意味は,勤続年数5年未満の者は,原則として身分は並工で役付になることはないが,5~10年の間に能力評価,業績評価によって,順次三等工手に昇格し,伍長は三等工手の中から選ばれる(以下同じ)ことである。…

※「職分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

職分の関連情報