近視眼(読み)きんしがん

精選版 日本国語大辞典「近視眼」の解説

きんし‐がん【近視眼】

〘名〙
近視の目。近視。近眼。⇔遠視眼
※気海観瀾広義(1851‐58)一五「近視眼は、眼面大に凸起し、書を読むに鼻をこれに接す」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一四「宗近君は近視眼(キンシガン)ぢゃないんですか」
目先の事しか判断のつかないこと。また、視野の狭い見方しかできないこと。→近視眼的
※済世危言(1891)〈城泉太郎〉一六「堂々たる哲学中に、利己主義を以て百行の原動力と為し、大に利己主義を貴重するものあり。是豈に近視眼の哲学に非らずや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「近視眼」の解説

きんし‐がん【近視眼】

近視の目。近眼。
目先のことだけにとらわれ、将来の見通しがつけられないこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android