コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤実左衛門 こんどう じつざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤実左衛門 こんどう-じつざえもん

1825-1903 幕末-明治時代の侠客(きょうかく)。
文政8年生まれ。名古屋地方に勢力をはった北熊一家の親分戊辰(ぼしん)戦争では博徒をあつめて集義隊を組織し,新政府軍方として北陸でたたかう。明治15年賭博(とばく)犯として検挙される。出所後,瀬戸一家との縄張り争いに終始した。明治36年6月5日死去。79歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

近藤実左衛門

没年:明治36.6.5(1903)
生年:文政8(1825)
幕末明治期の侠客。念流の剣客で,中京地方に侠名をとどろかせた博徒北熊一家の親分。戊辰戦争のとき尾張(名古屋)藩の要請を受けて博徒を糾合し,集義隊を編成し,官軍方として北陸に転戦した。尾張徳川に属したためその戦功は明治新政府に認められず,集義隊士は維新後に再び博徒に戻る。明治15(1882)年実左衛門が賭博犯として検挙されると,残された幹部らは自由党左派の奥宮健之らの影響を受け,運動資金獲得のため徒党を組んで連続強盗をはたらく(名古屋事件)。65歳のとき恩赦で出所。服役中に侵俊食された縄張りを回復するため,瀬戸一家と壮絶な抗争を起こした。<参考文献>長谷川昇『博徒と自由民権』

(正延哲士)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

近藤実左衛門の関連キーワード長谷川昇明治時代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android