近藤恒子(読み)こんどう つねこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤恒子 こんどう-つねこ

1893-1963 昭和時代の看護婦。
明治26年生まれ。中国の北京で軍人のイワン=シュクセクと結婚。大正9年夫の祖国ユーゴスラビアに移住。赤十字で看護婦長などをつとめ,1962年赤十字最高勲章を受章。日本とユーゴの文化交流につくし,「マダム・ヤパンカ」とよばれた。1963年1月26日死去。70歳。岐阜県出身。本名はシュクセク=コンドウ=ツネコ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android