返牒(読み)へんちょう

精選版 日本国語大辞典「返牒」の解説

へん‐ちょう ‥テフ【返牒】

〘名〙 (「へんぢょう」とも) 返答牒状。返事の手紙返書
※唐招提寺文書‐延喜四年(904)一〇月一五日・唐招提寺使解案「件事、綱使御所牒送者、返牒如是、覧了全欲返請之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「返牒」の解説

【返牒】へんちよう

返事する。

字通「返」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android