迫持(読み)セリモチ

  • ▽迫持

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 建築物の開口部の上に、石あるいは煉瓦を弧状に積んで荷重を支えるもの。部材をせりあわせ、その圧縮強度だけで荷重を支える。アーチ。せり。
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉夜襲「その状柱列の迫持(セリモチ)を戴けるに似て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の迫持の言及

【アーチ】より

…両側の柱あるいは壁の上から,石材あるいは煉瓦のブロックを少しずつせり出して,曲線状につくり上げた梁のこと。迫持(せりもち)ともいう。古代エジプト人は前3000年ころからアーチ工法を知っており,日乾煉瓦造の倉庫などに用いていたが,表向きの主要な建物に用いることはなかった。…

※「迫持」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android