コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迷える夫人 まよえるふじん A Lost Lady

1件 の用語解説(迷える夫人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

迷える夫人
まよえるふじん
A Lost Lady

アメリカの女流作家ウィラ・キャザーの小説。 1923年刊。鉄道建設業で成功した典型的な西部開拓者を夫にもつ美しい若妻メアリアン・フォレスターを主人公に,その魅力的な雰囲気とふとした不貞,夫の経済的な没落などを,ひたすら彼女に憧れの目を向ける少年の目を通して描きながら,西部における時代的な推移,ロマンチックな開拓者の時代の消滅をエレジー風の形式で語る,キャザー円熟期の傑作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

迷える夫人の関連キーワードアメリカの声キャザーギャザーアメリカン女流作家アメリカの夢おお、開拓者よ!私のアントニーアアメリカの影おとなしいアメリカ人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone