コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迷信犯 めいしんはんabergläubischer Versuch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

迷信犯
めいしんはん
abergläubischer Versuch

不能犯の一つで犯罪にならない場合。丑 (うし) の刻参りのように行為者が主観的に犯罪結果の実現を意図していても,客観的にはまったくその危険性を欠く迷信的行為である場合をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

めいしん‐はん【迷信犯】

迷信的な手段によって実現不可能な結果を実現させようとする行為。丑(うし)の時参りなど。→不能犯

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めいしんはん【迷信犯】

迷信的な手段で犯罪を実現しようとする行為。丑うしの時参りなどの類。 → 不能犯

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

迷信犯
めいしんはん

社会常識からみて「迷信」とよびうるようなおよそ不可能な方法によって犯罪を実現しようとする場合をいう。たとえば、殺人の目的で「丑(うし)の刻参(こくまい)り」をするような行為がこれにあたる。未遂犯と不能犯との区別に関し、客観説と主観説との大きな対立があるが、行為の客観的な危険性を基準とする客観説においてはもとより、行為者の犯罪的意思を重視する主観説においても、迷信犯だけは不能犯として不可罰であると解される。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

迷信犯の関連キーワード幻覚犯

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android