追い腹(読み)おいばら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

追い腹
おいばら

主君の死後、臣下の者がその後を追って切すること。殉死。家臣が主君に殉じるのは、一生二君に仕えずとする武家社会の思想からである。初めは戦死の場合だけであったが、のちには主人が病死しても追い腹が行われ、江戸初期に全盛期をみた。幕府は1663年(寛文3)殉死禁止令を出したが、後を絶たぬため、関係者に厳刑を科し、ようやく終止符を打たせた。女性では、加賀藩主の妹である浅野侯夫人と侍女との間に一例をみる。[稲垣史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android