コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逃避行動 とうひこうどうavoiding reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逃避行動
とうひこうどう
avoiding reaction

それぞれの動物にとって危険あるいは不快な刺激や状況から逃げたり,あらかじめ察知して回避する行動。原生動物後生動物を問わず,大多数の動物にみられる。同種個体が捕食されたとき出てくる何かの物質が逃避の信号になっている場合 (おたまじゃくし) ,音声による群れの仲間への合図など,機構はいろいろである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

逃避行動の関連キーワード黒色素胞刺激ホルモン縄張り(動物、人間)コミュニケーションマウスナー細胞エソロジー求愛行動生物発音化学感覚カエル

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android