コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆空間 ぎゃくくうかん reciprocal space

1件 の用語解説(逆空間の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

逆空間

結晶中を伝わる波を考える際に便利な仮想空間。単位は長さの逆数。結晶格子の振動や電子の動きなどを波としてとらえた場合、波長に逆比例する「波数」をこの空間で表現できる。波数は運動量に比例するので、運動量空間ともいわれる。結晶は、ここで逆格子を形づくる。実空間同様に周期性をもっており、この単位がブリユアン領域。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逆空間の関連キーワード仮想乾パン手燭便法仮想空間挽き材持運びキャリヤーパックデバイモデルラヴ波

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone