コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透し入り紙 すかしいりがみ

百科事典マイペディアの解説

透し入り紙【すかしいりがみ】

紙を透かして見たとき模様が現れるように漉いた紙で,白透きと黒透きの2つの技法がある。紙を漉く抄紙(しょうし)機の金網や網ロールの面に凸形の模様を取り付けると,この部分の紙層が薄くなって模様が白く現れる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の透し入り紙の言及

【和紙】より

…(5)漉合せ紙 まず地紙を漉いて,その上に木の葉,蝶などを置き,さらに別に漉いた薄紙を伏せ重ねて1枚としたもの。(6)透し入り紙 簀に型紙を付けた紗(しや)を貼って漉くと,紙の厚さに文様の凹凸が生じる。光にかざして見て,文様部分が薄くて白く透ける〈白透き〉と厚いために黒くなる〈黒透き〉の2種があるが,黒透きは紙幣の透し方法であるため民間で漉くことが禁じられている。…

※「透し入り紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

透し入り紙の関連キーワード奉書紙

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android