抄紙(読み)しょうし

百科事典マイペディア「抄紙」の解説

抄紙【しょうし】

をすくこと。抄紙機を使ってすく機械ずきと,簡単な漉具(すきぐ)を使って人力ですく手すきに大別される。和紙の一部は今日でも手すき法で作られる。
→関連項目檀紙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「抄紙」の解説

しょう‐し セウ‥【抄紙】

〘名〙 紙を(す)くこと。かみすき。
東京日日新聞‐明治八年(1875)一二月一七日「王子の抄紙会社の開業式は、なかなか立派なことで五座りました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android