奉書紙(読み)ほうしょがみ

百科事典マイペディア「奉書紙」の解説

奉書紙【ほうしょがみ】

コウゾ原料とし,米粉または白土を加えて手すきした和紙奉書に用いられたのでこの名がある。純白で,厚く,柔らかく,優美。着色した色奉書紙もある。福井県産が有名。用途は礼式文書,目録,儀式の包飾,神符,木版画などの用紙。化学パルプを原料とした機械ずきのものもあるが,品質は劣る。→越前奉書今立[町]
→関連項目伊予柾紙透し入り紙杉原紙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「奉書紙」の解説

ほうしょ‐がみ【奉書紙】

〘名〙 (奉書に用いたところから) (こうぞ)を原料とする厚手、純白の高級紙。室町時代から各地で漉(す)かれ、主に儀式用に用いられた。現在では機械漉きのパルプ製のものが多く、手漉きでは福井県の越前奉書だけが残っている。ほうしょう。ほうしょ。
随筆・折たく柴の記(1716頃)中「小しきなる奉書紙をふたつに切てつぎしに、かきしものは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「奉書紙」の解説

ほうしょ‐がみ【奉書紙】

奉書に用いたところから》コウゾを原料とする和紙。しわがなく純白で上質。色奉書・紋奉書などの変種もある。越前奉書が有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「奉書紙」の解説

ほうしょがみ【奉書紙】

中世に始まり,とくに近世になって最高級の公文書用紙として盛んに漉(す)かれた楮紙(こうぞがみ)。公文書の形式に,将軍など上位の者の命令を,直接その名前を出さずに,下位の者が仰せを奉って書く〈奉書〉という間接的な方法があった。その奉書を記した上等な楮紙をも,しだいに奉書と呼ぶようになった。江戸時代に各藩の御用漉きなどを中心として,数多くの産地で奉書紙を漉き出したが,そのなかで日本一といわれるほど高い評価を得たのは,越前の5ヵ村から漉き出された越前奉書であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android