コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奉書紙 ホウショガミ

百科事典マイペディアの解説

奉書紙【ほうしょがみ】

コウゾを原料とし,米粉または白土を加えて手すきした和紙奉書に用いられたのでこの名がある。純白で,厚く,柔らかく,優美。着色した色奉書紙もある。福井県産が有名。
→関連項目伊予柾紙透し入り紙杉原紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしょがみ【奉書紙】

中世に始まり,とくに近世になって最高級の公文書用紙として盛んに漉(す)かれた楮紙(こうぞがみ)。公文書の形式に,将軍など上位の者の命令を,直接その名前を出さずに,下位の者が仰せを奉って書く〈奉書〉という間接的な方法があった。その奉書を記した上等な楮紙をも,しだいに奉書と呼ぶようになった。江戸時代に各藩の御用漉きなどを中心として,数多くの産地で奉書紙を漉き出したが,そのなかで日本一といわれるほど高い評価を得たのは,越前の5ヵ村から漉き出された越前奉書であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうしょがみ【奉書紙】

〔多く奉書に用いたことから〕
上質の楮こうぞで漉いた、純白でしわのないきめの美しい和紙。杉原紙に似るが、やや厚手で簾目がある。越前奉書が有名。ほうしょ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

奉書紙の関連キーワード奉書巻き・奉書巻奉書焼き・奉書焼寒川(愛媛県)張り扇・張扇越前水引工芸今立[町]東予[市]奉書足袋加賀奉書伊予奉書周桑和紙宮地和紙丈長奉書奉書包み奉書焼き四方紅奉書紬肌吉紙大奉書小奉書

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奉書紙の関連情報