通信放送衛星機構(読み)つうしんほうそうえいせいきこう

世界大百科事典 第2版の解説

つうしんほうそうえいせいきこう【通信放送衛星機構】

日本の通信衛星放送衛星の一元的な管理と運営に当たる認可法人として1979年8月,通信・放送衛星機構法によって設立された。92年10月,根拠法の改正に伴い〈通信・放送機構〉(Telecommunications Advancement Organization of Japan)と改称。業務としては,(1)通信衛星,放送衛星を他に委託して打ち上げること,(2)衛星の位置姿勢を制御すること,(3)衛星に搭載された無線設備を,これを用いて宇宙局を開局するものに利用させること,が当初規定であったが,92年以後の改正により高度通信・放送研究開発の実施および支援を総合的に行うための諸業務が加えられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android