コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通信放送衛星機構 つうしんほうそうえいせいきこう

世界大百科事典 第2版の解説

つうしんほうそうえいせいきこう【通信放送衛星機構】

日本の通信衛星と放送衛星の一元的な管理と運営に当たる認可法人として1979年8月,通信・放送衛星機構法によって設立された。92年10月,根拠法の改正に伴い〈通信・放送機構〉(Telecommunications Advancement Organization of Japan)と改称。業務としては,(1)通信衛星,放送衛星を他に委託して打ち上げること,(2)衛星の位置,姿勢を制御すること,(3)衛星に搭載された無線設備を,これを用いて宇宙局を開局するものに利用させること,が当初の規定であったが,92年以後の改正により高度通信・放送研究開発の実施および支援を総合的に行うための諸業務が加えられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

通信放送衛星機構の関連キーワード衛星放送TSCJ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android