コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通商摩擦 つうしょうまさつtrade dispute,trade friction

知恵蔵の解説

通商摩擦

最初は、個別商品の集中豪雨的な輸出から起きることが多い。その後、相手国で、失業問題や地域不況などの社会問題に発展して発生する二国間摩擦のこと。当初は2、3の品目(日本の例では、繊維、鉄鋼など)にすぎなかった輸出ラッシュが、やがて広範囲の商品群(テレビ、自動車、半導体など)に広がり、恒常的な貿易不均衡となって通商摩擦が激化、経済摩擦となる。輸入国側は輸出国側に輸出抑制を迫るが、市場原理に反した貿易抑制は、かえって経済合理性を損なうので、むしろ自国産品の買い付け増大による不均衡改善を輸出国側に要求することとなる。こうして問題は、輸出国側の市場開放、輸入拡大といった輸入体制・制度の問題に転化し、市場の開放をめぐっての論議に進展する。

(永田雅啓 埼玉大学教授 / 松尾寛 (株)三井物産戦略研究所副所長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

通商摩擦の関連キーワードアメリカ通商代表部包括通商・競争力法貿易インバランス日米経済摩擦メルコスール日欧通商摩擦輸出入取引法松下満雄公正貿易貿易摩擦坂村健

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通商摩擦の関連情報