貿易不均衡(読み)ぼうえきふきんこう

百科事典マイペディアの解説

貿易不均衡【ぼうえきふきんこう】

貿易インバランスとも。外国との経済取引の結果,輸入・輸出のバランスがとれず不均衡な状態をいう。1国の貿易全体でみる場合と2国間に限定してみることがある。通商摩擦の主な原因はこの貿易不均衡にあり,この状態が長く続くと失業や不況をまねき,2国間関係が悪化する。不均衡は,通常,通関ベース(通関貿易尻でみた輸出超過額,または輸入超過額)か国際収支ベース(貿易収支および経常収支)が赤字か黒字かでみる。日本の貿易不均衡は,1981年以降は黒字を続け,1994年には通関貿易尻で1209億ドルという最大規模を記録したが,1997年には824億ドルに減少。相手国で見ると,米国,東南アジアなどで黒字額が多く,貿易不均衡が目立ち,その是正を相手国側から求められている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうえきふきんこう【貿易不均衡 trade imbalance】

一国の対外経済取引は国際収支表に示される。このなかで商品およびサービスの取引を示す貿易収支や貿易外収支に輸出または輸入超過がある状態を貿易不均衡という。また国際経済理論で2国2財の抽象的な理論モデルを想定する際に,自国の超過需要が他国の超過供給によって過不足なく相殺されない場合,貿易不均衡にあるという。対外経済取引の一部にすぎない貿易取引の不均衡がとくに重視されるのは,貿易収支が多くの国の国際収支の主要部分を占めているためである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貿易不均衡の関連情報