コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通恵河 つうけいが Tong-hui-he; T`ung-hui-ho

1件 の用語解説(通恵河の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通恵河
つうけいが
Tong-hui-he; T`ung-hui-ho

阜通河,壩 (は) 河ともいう。中国,元代に開削された運河。源は白浮甕山から出る諸泉水で,その水路は大都の北の昌平県白浮村から神山泉を引き,西折し南流して諸川を合せ大都に入り,東流して通州高麗荘を経て白河 (俗称海河) に入るまで全長約 80km。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の通恵河の言及

【郭守敬】より

…王恂の死後,彼は太史令となって授時暦の著作をまとめた。都水監を兼任して,大都(北京)と通州を結ぶ運河(白浮渠と通恵河)を完成させ,94年には昭文館大学士兼知太史院事に昇任した。【橋本 敬造】。…

【大運河】より

…御河とは隋・唐の永済渠に当たり,淇門からのちは臨清を経て直沽(天津市)より大都に向かったのである。 南北に貫通する運河系統は,1283年(至元20)から92年にかけ,済州河,会通河,通恵河の3区間に分けて開かれた。第1の済州河は83年に開かれたもので,徐州の北の茶城から北西に向かい,済州(山東省済寧市)を経て須城県(山東省東平県)の安山に達し大清河(済水の故道)に連絡したのである。…

【通県】より

…中華民国では通県として河北省に直属したが,現在は北京市に所属する。大運河の要点で,南方から運ばれた物資を北京へ転送するため,元代に通恵河という運河が開かれて以来経済都市として発展した。いまは京承(北京~承徳),京坨(けいだ)(北京~唐山)両線が通じ,付近の農産物集散の中心である。…

※「通恵河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

通恵河の関連キーワード楽山衛河会通河元町遼河南極星普通河川洛水涇水

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone