通時的(読み)つうじてき

精選版 日本国語大辞典の解説

つうじ‐てき【通時的】

〘形動〙 (diachronique の訳語) 関連がある複数の現象、あるいは体系を時間の流れに沿って記述しようとするさま。また、ある対象を歴史的な変化の相でとらえようとするさま。言語学者ソシュールの用語を小林英夫が訳したもの。⇔共時的。→通時言語学

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android