コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共時的 キョウジテキ

デジタル大辞泉の解説

きょうじ‐てき【共時的】

[形動]《〈フランス〉synchronique》言語学者ソシュールの用語。時間の流れや歴史的な変化を考慮せず、一定時期における現象・構造について記述するさま。⇔通時的

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうじてき【共時的】

( 形動 ) 〔フランス synchronique〕
現象が継時的変化としてではなく、一定時の静止した構造としてあるさま。また、時間的・歴史的な変化の相を考慮に入れずに、ある対象の一時点における構造を体系的に記述しようとするさま。 ↔ 通時的 〔言語学者ソシュールの用語の小林英夫による訳語〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

共時的の関連キーワードフランク(Andre Gunder Frank)ヒューゴ シュハルトソシュール/用語解説ソンマーフェルトコーパス言語学G. ヴェンク出自・出自集団ガーベレンツ文化進化主義ワルトブルクシュハルト共時言語学プラハ学派言語人類学社会人類学象徴人類学マテジウス産業連関表村上陽一郎文化類型

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共時的の関連情報