共時的(読み)キョウジテキ

大辞林 第三版の解説

形動 フランス synchronique
現象が継時的変化としてではなく、一定時の静止した構造としてあるさま。また、時間的・歴史的な変化の相を考慮に入れずに、ある対象の一時点における構造を体系的に記述しようとするさま。 ⇔ 通時的 言語学者ソシュールの用語の小林英夫による訳語

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形動〙 (synchronique の訳語) ある現象を、時間の流れの一断面における静止現象としてとらえ、その構造を体系的に記述しようとするさま。また、ある対象を歴史的な変化の相においてではなく、一時期の安定した体系としてとらえようとするさま。言語学者ソシュールの用語を小林英夫が訳したもの。⇔通時的。→共時言語学

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android