コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林英夫 こばやしひでお

3件 の用語解説(小林英夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小林英夫
こばやしひでお

[生]1903.1.5. 東京
[没]1978.10.5. 東京
言語学者。 1922年法政大学卒業,23~27年東京帝国大学言語学科に学ぶ。ソシュールの"Cours de linguistique générale" (1916) を世界で初めて翻訳し,28年『言語学原論』として出版 (改版『一般言語学講義』,72) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林英夫 こばやし-ひでお

1903-1978 昭和時代の言語学者。
明治36年1月5日生まれ。昭和3年ソシュール構造言語学を「言語学原論」として世界にさきがけて翻訳する。とくに文体論に関心をよせ,「文体論の建設」「文体論の美学的基礎づけ」などの著作をのこした。京城帝大,早大,東京工業大,名大の教授を歴任。昭和53年10月5日死去。75歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小林英夫
こばやしひでお
(1903―1978)

言語学者。構造言語学の祖として言語学史上画期的な位置を占めるソシュール『一般言語学講義』(1916)を、同書がまださほど注目を浴びていない1928年(昭和3)に、その世界最初の翻訳として邦訳(当時の訳書名は『言語学原論』)。また、イェルムスレウ『一般文法の原理』(1928)の「批判的解説」をつとに1932年に著すなど、ヨーロッパの研究を日本に的確に紹介するとともに、自身も言語学とくに文体論などに多くの著述を残した。ノルウェーの国民詩人ビョルンソンの小説『アルネ』の翻訳もある。またオペラの翻訳にも活躍。東京帝大言語学科選科修了。京城帝大・東京工大・名大・早大の各教授、国語審議会委員などを務めた。[菊地康人]
『『小林英夫著作集』全10巻(1975~77・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小林英夫の関連キーワード日活(株)サーカス大場久美子プラット修正ロシア映画渋谷哲平中井貴惠鮎川誠ANRIゲイトウエイ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林英夫の関連情報