コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林英夫 こばやしひでお

3件 の用語解説(小林英夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小林英夫
こばやしひでお

[生]1903.1.5. 東京
[没]1978.10.5. 東京
言語学者。 1922年法政大学卒業,23~27年東京帝国大学言語学科に学ぶ。ソシュールの"Cours de linguistique générale" (1916) を世界で初めて翻訳し,28年『言語学原論』として出版 (改版『一般言語学講義』,72) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林英夫 こばやし-ひでお

1903-1978 昭和時代の言語学者。
明治36年1月5日生まれ。昭和3年ソシュール構造言語学を「言語学原論」として世界にさきがけて翻訳する。とくに文体論に関心をよせ,「文体論の建設」「文体論の美学的基礎づけ」などの著作をのこした。京城帝大,早大,東京工業大,名大の教授を歴任。昭和53年10月5日死去。75歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小林英夫
こばやしひでお
(1903―1978)

言語学者。構造言語学の祖として言語学史上画期的な位置を占めるソシュール『一般言語学講義』(1916)を、同書がまださほど注目を浴びていない1928年(昭和3)に、その世界最初の翻訳として邦訳(当時の訳書名は『言語学原論』)。また、イェルムスレウ『一般文法の原理』(1928)の「批判的解説」をつとに1932年に著すなど、ヨーロッパの研究を日本に的確に紹介するとともに、自身も言語学とくに文体論などに多くの著述を残した。ノルウェーの国民詩人ビョルンソンの小説『アルネ』の翻訳もある。またオペラの翻訳にも活躍。東京帝大言語学科選科修了。京城帝大・東京工大・名大・早大の各教授、国語審議会委員などを務めた。[菊地康人]
『『小林英夫著作集』全10巻(1975~77・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小林英夫の関連キーワード藤岡勝二イェルムスレウ高津春繁服部四郎泉井久之助大束百合子魚返善雄熊沢竜田中克彦三浦つとむ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林英夫の関連情報