コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通貨マフィア ツウカマフィア

2件 の用語解説(通貨マフィアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つうか‐マフィア〔ツウクワ‐〕【通貨マフィア】

主要国間で通貨政策の協調を図るために、非公式に交渉を行う、各国の国際金融担当者の通称。G20構成国の財務相・財務官中央銀行総裁など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通貨マフィア
つうかまふぃあ

主要20か国・地域(G20)、とりわけアメリカ、日本、イギリスドイツフランスヨーロッパ連合(EU)の国際金融担当の事務方トップで構成されるインナーサークルの俗称、また、そのメンバー。直通回線で協議できるシステムを使って日常的に連絡を取り合い、日々の国際通貨問題に対応する。その過程が公開されることがないことから、マフィアとの俗称がつけられている。話し合いの方法にルールはないが、主要国の理解を得られないまま為替操作に乗り出すことはタブーで、かならず事前通告で理解を得ることが必要とされている。各国の通貨政策に大きな権限をもつ人物が、個人的な信頼関係を醸成しながらやり取りをしており、日本では財務官が通貨マフィアのメンバーとなる。1985年(昭和60)のプラザ合意時の財務官であった大場智満(おおばともみつ)(在任1983~1986)、「ミスター円」ともよばれた榊原英資(さかきばらえいすけ)(在任1997~1999)、「円高ファイター」とよばれた、現、日銀総裁の黒田東彦(くろだはるひこ)(在任1999~2003)などが知られている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通貨マフィアの関連キーワードソーシャルスキル通貨政策総理大臣指示ディスインフレ政策ネオコーポラティズムパクスコンソルティスユーロプラス協定通貨戦争国際通貨基金(IMF:International Monetary Fund)ユーログループ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone