コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラザ合意 プラザごういPlaza Accord

翻訳|Plaza Accord

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラザ合意
プラザごうい
Plaza Accord

1985年9月 22日にニューヨークプラザホテルで開催された先進5ヵ国蔵相・中央銀行総裁会議 G5で討議されたドル高是正のための一連の合意事項をいう。当時,アメリカは巨額の財政赤字や高金利を背景にドルの独歩高を通じて膨大な貿易収支の赤字を発生させ,世界的な対外不均衡が問題となっていた。さらにアメリカ国内で台頭してきた保護貿易主義に対抗することもあって,ドルの独歩高の修正を通じて対外不均衡を為替レートの調整で是正しようとするものであった。この合意に基づき各国ドル売り協調介入に乗出し,・ドルレートでみれば1ドル=240円台となっていたが,85年末には1ドル=200円まで一気に修正された。その後も一貫してドル安が続いたため,今度は過度のドル安がアメリカのインフレ圧力を増すとの懸念が台頭し,87年2月のルーブル合意へといたった。このプラザ合意は,(1) 経常収支の赤字国・黒字国が双方の責任として政策協調を行う,(2) 変動相場制度を継続するものの,ミスアラインメント (実質レートの均衡価からの乖離) の発生時には協調介入を行うという点で,その後の国際通貨制度を方向づけるものであった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

プラザ合意

1985年9月22日、行き過ぎたドル高の是正を目的としてニューヨークのプラザ・ホテルでG5(米国、英国、旧西独、フランス、日本の5カ国蔵相会議)が開催され、(1)主要通貨の米ドルに対する秩序ある上昇が望ましいこと、(2)為替相場は対外不均衡調整のための役割を果たす必要があること、(3)5カ国はそうした調整を促進するために一層緊密に協力する用意があること、などで合意した。背景には、レーガン政権の小さな政府、強いドル政策の下で80年代初頭からドル高が続き、国際収支の不均衡が拡大する中で、米国内において保護主義の動きが強まったことがある。合意後、各国は協調して為替市場に介入、ドルは円、マルクなどの主要通貨に対し下落傾向をたどった。ドル相場の大幅な下落は国際収支の不均衡是正にある程度役立ったが、逆に米国内に深刻なインフレ懸念を生むなどの弊害をもたらし、為替相場安定を目指すルーブル合意につながった。

(絹川直良 国際通貨研究所経済調査部長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プラザ‐ごうい〔‐ガフイ〕【プラザ合意】

Plaza Agreement》1985年9月22日の日本・米国・英国・フランス・西ドイツ5か国蔵相中央銀行総裁会議における合意。合意内容には国際収支の不均衡を為替相場の調整によって是正することが含まれており、ドル高・円安から円高への契機となった。各国が為替に介入することで貿易収支の赤字で苦しむ米国を支援するのが目的で、合意前1ドル230円台のレートが、1987年末には1ドル120円台のレートで取引されるようになった。日本経済は一時期円高不況に陥るが、低金利政策などによって投機が加速され、1980年代末に向けてバブル経済が膨張した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

プラザ合意【プラザごうい】

1985年9月22日にニューヨークのプラザ・ホテルで開かれた先進5ヵ国蔵相・中央銀行総裁会議(G5)での合意。米国のレーガン政権がドル高政策からドル安政策に転じるために開いた。
→関連項目円(通貨)為替相場協調介入日米構造協議バブル経済並行輸入目標相場圏構想

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ワイジェイFX用語集の解説

プラザ合意

1985年9月、ニューヨークのプラザ・ホテルで開かれたG5(先進5か国蔵相・中央銀行総裁会議)での合意事項の通称です。ドル高修正の為、G5の協調介入を行う事で合意し、為替相場に非常に大きな影響を与えました。

出典|ワイジェイFX株式会社ワイジェイFX用語集について | 情報

FX用語集の解説

プラザ合意

1985年9月22日、ニューヨークの「プラザ・ホテル」で行われたG5(先進5カ国蔵相・中央銀行総裁会議)において発表された為替レートに関する合意のことをいいます。当時、米国は巨額の貿易赤字と財政赤字(双子の赤字)に苦慮しており、特に対日貿易赤字を是正するために「ドル安円高」を導入を米国が提案してきました。その提案を当時の日本の大蔵大臣(故・竹下登氏)が受け入れたことで合意がなされました。この合意が発表された翌日にはわずか1 日間で、ドル/円レートが、1ドル=235円から約20円下落しました。その後、ドル安トレンドが継続し、その1年後にはドルの価値はほぼ半減し、1ドル=120円台での取引が行なわれるようになったのです。

出典|(株)外為どっとコムFX用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

プラザごうい【プラザ合意】

1985年にニューヨークのプラザ-ホテルで開かれたアメリカ・イギリス・西ドイツ・フランス・日本による五か国蔵相会議で、ドル高是正のために各国が協調介入に乗り出すことを決めた合意。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラザ合意
ぷらざごうい

1985年9月にニューヨーク・プラザホテルで行われた先進5か国財務相・中央銀行総裁会議(G5。86年以降G7)において、当時のドル高を是正するため、為替(かわせ)市場に協調介入する旨の声明を出した。これをプラザ合意という。これによってドル相場は一挙に下落し、所期の目的は達成された。この合意は為替相場をまったく自由に変動させる自由変動相場制から、為替市場の状況により適宜介入する管理相場制への歴史的な転換点となった。[土屋六郎]
『近藤健彦著『プラザ合意の研究』(1999・東洋経済新報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のプラザ合意の言及

【円】より

…一方日本は,1968年から純債権国へと歩み出した。アメリカは貿易黒字によって経済力の強化を図るため,為替レートをドルの実勢に一致させるべく85年9月に開催した主要5ヵ国(G5)の会議でのプラザ合意(会場になったホテル名に由来)により,ドル高・円安の是正に踏み切った。しかしその貿易収支への効果は希薄であったのに対し,円高・ドル安は急速に進行し,88年1月には1ドル=120円45銭を記録し,94年6月には100円を突破したが,97年には120円前後で安定している。…

※「プラザ合意」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プラザ合意の関連キーワード双子の赤字(Twin deficit)先進7ヵ国財務大臣・中央銀行総裁会議主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議ハード・ランディング不動産融資総量規制ストック・インフレ国際マクロ経済学輸入の安全弁効果レーガノミックス採算為替レート実効為替レート外的ショック通貨マフィア前川レポート資産インフレ内外価格差協調利上げザ・プラザ直接投資東京物価

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プラザ合意の関連情報