造塊(読み)ぞうかい

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうかい【造塊】

各種の製鋼炉でつくられた溶融状態の鋼をいったん取鍋(とりなべ)に受けた後,鋳型(インゴット・ケース)に注入し,凝固させてインゴットをつくること。取鍋は底部に溶鋼を流出する湯口(ノズル)があり,開閉できる構造になっている。溶鋼の注入法には,鋳型の上方から注入する上注法と,耐火物の湯道を通して鋳型の下方から注入する下注法がある。インゴットの品質を重視するときは,一般に下注法を用いる。インゴットの重量は通常の炭素鋼では5~50tであるが,500tを超えるものもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の造塊の言及

【製鉄・製鋼】より

… 以上述べた各種製鋼法の特徴を表3に示すが,日本では特殊鋼メーカーはほとんど電気炉により,銑鋼一貫製鉄所は転炉が主体である(〈電気炉〉の項参照)。
【造塊】
 各種の製鋼炉でつくられた溶鋼は,いったん取鍋に受け,ここで成分調整,脱酸,温度調節を行い,鋳型に流し込み鋼塊(インゴットという)とするが,連続鋳造機により鋳片を製造する。これらの工程を造塊という。…

※「造塊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android