連状(読み)れんじょう

精選版 日本国語大辞典の解説

れん‐じょう ‥ジャウ【連状】

〘名〙
① 連座のもの。〔資治通鑑‐唐穆宗紀〕
連名文書。連名状。連署状。
※北白川宮御所蔵文書‐嘉祥三年(850)三月二日・治部省牒「牒、得玄蕃寮解称、僧正泰景等連状称」 〔晉書‐外戚伝・王蘊伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android