治部省(読み)じぶしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

治部省
じぶしょう

令制官司(りょうせいかんし)の八省の一つ。「おさむるつかさ」とも読む。この省の前身は理官(おさむるつかさ)で、681年(天武天皇10)に初見する。令制では太政官(だいじょうかん)の左弁官局(さべんかんきょく)に属し、五位以上の官人の本姓、継嗣(けいし)、婚姻などの氏族問題を取り扱うほか、祥瑞(しょうずい)、喪葬(そうそう)、贈賻(ぞうふ)(香典(こうでん))、国忌(こき)、諱(いみな)、外客の朝聘(ちょうへい)のことなどを監督する。この省は雅楽(うた)、玄蕃(げんば)の2寮と、諸陵、喪儀の2司を管轄し、その職員には卿(かみ)1人、大輔(だいすけ)1人、少輔1人、大丞(だいじょう)1人、少丞2人、大録(だいさかん)1人、少録3人の四等官(しとうかん)のほか、その下に史生10人があり、別に大解部(おおいときべ)4人、少(すない)解部6人、省掌2人、使部(つかいべ)60人、直丁(じきちょう)4人が所属する。このうち大少の解部は1司であり、とくに氏族内の譜第(ふだい)に関する訴訟を取り扱う。

[渡辺直彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版の解説

治部省
じぶしょう

律令官制の八省の一つ
太政官の左弁官に属し,五位以上の貴族氏姓相続婚姻や,祥瑞・葬礼・陵墓僧尼外交などをつかさどり,氏姓に関する訴訟を扱った。長官 (かみ) で,管轄下には雅楽 (うた) 玄蕃寮諸陵司喪儀司などがあった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じぶ‐しょう ヂブシャウ【治部省】

〘名〙 令制で、太政官の被管八省の一つ。諸氏族の姓氏を正し、五位以上の継嗣・婚姻・祥瑞・喪葬・贈賻・国忌および外国使臣の接待、族姓の席次の訴訟などをつかさどり、また被管として音楽をつかさどる雅楽寮(うたのつかさ)や、山陵・葬祭・陵戸を管理する諸陵司(後に諸陵寮)、および凶事の儀式、喪葬具をつかさどる喪儀司が属していた役所。長官を卿(正四位下相当)といい、その下に大・少の輔、さらにその下に大・少の丞がいた。おさむるつかさ。
※令義解(718)職員「治部省〈管寮二。司二。〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

治部省
じぶしょう

律令制における八省の一つ。氏姓や,五位以上の継嗣,婚姻や,喪葬,国忌,朝楽,僧尼,山陵,外交のことを司った。被官として雅楽,玄蕃諸陵の3寮および喪儀司 (9世紀初頭まで) を支配した。長官である治部卿の下に,録などがおかれた。『日本書紀』天武紀に「理官」とみえるのはその前身

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

治部省【じぶしょう】

律令制八省(はっしょう)の一つ。外交・葬儀などを担当,僧尼を管理。雅楽寮(ががくりょう)など2寮2司を管轄。7世紀末にみえる理官(おさむるつかさ)が前身。担当が朝廷の儀礼関係であるため,当初から要職とみられなかった。
→関連項目玄蕃寮諸陵寮

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

じぶ‐しょう〔ヂブシヤウ〕【治部省】

律令制で、太政官(だいじょうかん)八省の一。姓氏のこと、五位以上の官人の継嗣・婚姻、祥瑞(しょうずい)・喪葬・国忌のこと、外国使臣の接待などをつかさどる。管轄下に雅楽寮玄蕃寮(げんばりょう)諸陵司喪儀司がある。おさむるつかさ。

おさむる‐つかさ〔をさむる‐〕【治省】

じぶしょう(治部省)」に同じ。〈和名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じぶしょう【治部省】

日本古代の律令制八省の一つ。和訓は〈おさむるつかさ〉,唐名は礼部という。氏姓・系譜にかかわる訴訟,五位以上の官人の相続・婚姻,祥瑞,喪葬,外交,寺院・僧尼に関することなどをつかさどり,雅楽寮(ががくりよう),玄蕃寮(げんばりよう)と諸陵司(のち諸陵寮),喪儀司の2寮2司を管したが,喪儀司は9世紀初めに廃止された。職員は卿1人に大少の輔・丞・録の四等官,史生省掌・使部などの下級職員のほか,氏姓・系譜の訴訟を担当する大少の解部(ときべ)がおかれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の治部省の言及

【治部省】より

…《日本書紀》天武10年(681)9月の条に諸氏におのおの氏上を定めて理官(おさむるつかさ)に申告することを命じた記事がある。この理官が治部省の前身である。もともと日本には氏(うじ)の掌握を任務とする原初的な官司が存在していたようで,令制の治部省はそれを核とし,それにいくつかの新しい職務を付け加えて成立したと考えられる。…

【二官八省】より

…日本古代の律令制の官庁組織をいう語。狭義には太政官(だいじようかん),神祇官(じんぎかん)の二官と中務(なかつかさ)省式部(しきぶ)省治部(じぶ)省民部(みんぶ)省兵部(ひようぶ)省刑部(ぎようぶ)省大蔵(おおくら)省宮内(くない)省の八省を指すが,広義には,この二官・八省に統轄される八省被管の職・寮・司や弾正台(だんじようだい),衛府(えふ)などの中央官庁および大宰府(だざいふ)や諸国などの地方官庁を含む律令制の全官庁組織の総体をいい,ふつうは後者の意味で用いる。このような官庁組織は,7世紀後半から8世紀初めにかけて形成された。…

※「治部省」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android