コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連珠文 れんじゅもんpearl-circle pattern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連珠文
れんじゅもん
pearl-circle pattern

珠 (たま) つなぎの円環の中に,樹木,狩猟図,獅子,天馬,唐草などの意匠モチーフを単独,あるいは組合せて表現した文様ササン朝ペルシアの工芸品における典型的な文様で,ビザンチンや中国などにも同様な作例がみられる。中国を経て日本にも伝来し,古墳時代珠文鏡屋根瓦の瓦当装飾,正倉院法隆寺の綾,錦などの染織品の文様に用いられ,法隆寺の『四天王文錦』は最も完全。また野中寺蔵『弥勒半跏像』や法隆寺壁画などにも用いられ,平安時代以後は密教法具などにも施された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android