コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連理の木 れんりのき

世界大百科事典 第2版の解説

れんりのき【連理の木】

中国における祥瑞(しようずい)の一種。根や幹は別々だが,枝がひとつに合わさっている木。木連理ともいう。《白虎通》封禅篇には,王者の徳のめぐみが草木にまでおよぶとき,朱草や連理の木が生ずるといっている。男女のちぎり深い仲のたとえにも用いられ,白居易(楽天)の《長恨歌》に〈天に在っては願わくは比翼の鳥となり,地に在っては願わくは連理の枝とならん〉とうたわれているのは有名。【吉川 忠夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

連理の木の関連キーワード北海道爾志郡乙部町富岡フィレモン比翼連理

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連理の木の関連情報