連理(読み)れんり

精選版 日本国語大辞典「連理」の解説

れん‐り【連理】

〘名〙
① 一つの木の枝が他の木の枝と相つらなって、木目の相通じること。古来、吉兆とされる。
※続日本紀‐慶雲元年(704)六月己巳「阿波国献木連理」 〔摯虞‐連理頌〕
② (「連理の契り」から) 男女の契りの深いことにたとえていう語。連理比翼。
※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)一「ゑんわうのふすまのしたに、連理(レんリ)のかたらひをなしける折ふしは」
③ 義理を論じること。
※本朝文粋(1060頃)一〇・桃始華詩序〈紀長谷雄〉「連理之高論、尋義域而得趣」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「連理」の解説

れん‐り【連理】

1本の木の枝が他の木の枝と連なって木目が通じ合っていること。
《「連理の契り」から》夫婦・男女の間の深い契りをたとえていう語。「比翼連理

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例