連理の枝(読み)れんりのえだ

精選版 日本国語大辞典「連理の枝」の解説

れんり【連理】 の 枝(えだ)

連理となった。転じて、夫婦、また、男女の仲の睦まじいさまをたとえていう。
※浜松中納言(11C中)一「天にあらば比翼の鳥となり、地にあらばれんりのえだとならん」 〔白居易長恨歌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報