コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連理引き レンリビキ

デジタル大辞泉の解説

れんり‐びき【連理引き】

歌舞伎演出演技一種怨霊などが手をのばして人間を後ろから引っぱる形をすると、人間は襟首などをつかまれた体で後退しながら戻るもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れんりびき【連理引き】

歌舞伎の演出の一。幽霊や妖怪が引き戻す手つきに応じて、逃げようとする人が襟髪をつかまえられた形で、引きずられるように戻る演技。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

連理引きの関連キーワード幽霊襟髪

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android