コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連的 れんてき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

連的 れんてき

?-1685 江戸時代前期の僧。
浄土宗。武蔵(むさし)滝山(東京都)大善寺の連意について出家。同国川越(埼玉県)蓮馨(れんけい)寺でまなび,江戸霊巌寺の住職となる。論議にすぐれた。貞享(じょうきょう)2年8月27日死去。武蔵熊谷(埼玉県)出身。字(あざな)は遇光。号は名蓮社義誉。法名は蓮的ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

連的の関連キーワードマーケット・セグメンテーション社会主義リアリズム[文学]コンフィギュレーションインテンシブ・メソッドマイヤ プリセツカヤコア=カリキュラムコングロマリットアウトグループパラジャーノフ理論気象学環境心理学モノグラフマシコフ進学問題材料科学漢文教育構造地形社会誌学複合企業ムーヒナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連的の関連情報