コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連福草 レンプクソウ

デジタル大辞泉の解説

れんぷく‐そう〔‐サウ〕【連福草】

レンプクソウ科の多年草。山地に自生し、高さ8~15センチ。細長い地下茎が走り、地上部は柔軟。葉は長い柄があり、主に3枚の小葉からなる複葉。4月ごろ、茎の先に、黄緑色の小花が5個集まってつく。一科一属一種とされ、北半球温帯に分布。ごりんばな。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れんぷくそう【連福草】

レンプクソウ科の多年草。山地の林中に生える。高さ10~20センチメートル。全体に柔らかい。地下に細長い横走枝がある。葉は三出複葉。春、花茎の先に淡緑色の花を数個つける。ゴリンバナ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

連福草 (レンプクソウ)

学名:Adoxa moschatellina
植物。レンプクソウ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android