コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連絡機 れんらくきliaison aircraft

世界大百科事典 第2版の解説

れんらくき【連絡機 liaison aircraft】

戦場で地上部隊を支援するための小型の軍用機。(1)空中から指揮官幕僚が作戦指揮を行う際の乗機,(2)指揮官,文書などの輸送,(3)戦場での無線中継などが主任務である。一般に,このほか射撃効果の空中観測,偵察などの任務をも遂行する場合が多い。任務の性格上,地上部隊に近接した地域に離着陸できることが必要であり,操縦が容易で,離着陸滑走距離の短い,比較的小型の飛行機が使用される。連絡機は,民間で使用されている小型の飛行機を転用する場合が多く,セスナM310を転用したアメリカ空軍のU3,三菱MU2を転用した陸上自衛隊のLR1などがその例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

連絡機の関連キーワード旭区徘徊SOSネットワークシステムアジア・アフリカ人民連帯機構ジョン(3世) マケインNATO・ロシア理事会日本労働組合総評議会フィルム・アーカイブ大本営政府連絡会議電力系統利用協議会コルポラツィヨーネインターナショナル太平洋協力セミナー最高戦争指導会議コミンフォルム経済団体連合会地震予知連絡会終戦連絡事務局日本劇団協議会競馬(けいば)世界平和運動唯物論研究会

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連絡機の関連情報