コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進子内親王 しんしないしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

進子内親王 しんしないしんのう

?-? 南北朝時代,伏見天皇の皇女。
母は藤原基輔(もとすけ)の娘,後伏見院兵衛督(ひょうえのかみ)。乾元(けんげん)-延慶(えんきょう)(1302-11)ごろの生まれ。父母にはやく死別し,母の姉永福門院内侍(ないし)に播磨(はりま)(兵庫県)賀茂荘(かものしょう)で養育され,出家。のち京都にもどり,康永4=興国6年(1345)内親王となる。京極派の歌人で,「院六首歌合」などに参加し,「風雅和歌集」以下の勅撰(ちょくせん)集に43首のる。「枕草子絵巻」の筆者ともいわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

進子内親王の関連キーワード南北朝時代伏見天皇皇女

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android