逸翁美術館(読み)いつおうびじゅつかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逸翁美術館
いつおうびじゅつかん

大阪府池田市にある美術館。阪急グループの創始者小林一三 (雅号逸翁) が収集した約 5000点に及ぶ美術工芸品を,「一都市一美術館論」を唱えた小林の遺志に従って公開するため,1957年 10月旧邸「雅俗山荘」を利用して開館。茶道美術品を中心とする収蔵品は,与謝蕪村約 70点 (『奥細道図巻』〈重文〉ほか) ,その弟子村松呉春約 160点 (『白梅図六曲屏風』〈重文〉ほか) をはじめ,伝狩野光信『豊臣秀吉像画稿』 (重文) などの絵画約 800点,古筆手鑑『谷水帖』 (重文) などの書跡約 700点,陶磁,漆工,銅器などの工芸品約 3000点,その他約 500点から成り,重文・重美 34点を含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の美術館・博物館INDEXの解説

いつおうびじゅつかん 【逸翁美術館】

大阪府池田市にある美術館。昭和32年(1957)創立。平成21年(2009)現在地へ移転。阪急電鉄の創始者小林一三(いちぞう)のコレクションを公開する美術館。阪急文化財団が運営。小林が収集した日本の古美術品を展示公開する。◇「逸翁」は小林の雅号。
URL:http://www.hankyu-bunka.or.jp/about/itsuo-museum/index.html
住所:〒563-0058 大阪府池田市栄本町12-27
電話:072-751-3865

出典 講談社日本の美術館・博物館INDEXについて 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android