コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逸見 猶吉 ヘンミ ユウキチ

20世紀日本人名事典の解説

逸見 猶吉
ヘンミ ユウキチ

昭和期の詩人



生年
明治40(1907)年9月9日

没年
昭和21(1946)年5月17日

出生地
栃木県下都賀郡谷中村(現・藤岡町大字下宮)

本名
大野 四郎

学歴〔年〕
早稲田大学政経学部〔昭和6年〕卒

経歴
中学時代「蒼い沼」「二人」「VAK」などを発行し、ランボーの「母音」、チェホフの短編、メレジュコフスキーの「ミシェル・バクーニン」などを翻訳。昭和2年「鴉母」発行。翌年北海道を旅行し、4年代表作「ウルトラマリン」連作の第1編「報告」を「学校」に発表、次いで「学校詩集」に「ウルトラマリン」連作を一括寄稿。このころ草野心平、高村光太郎らを知り、6年「弩」を発刊、7年季刊「新詩論」発刊で編集委員。10年同人8名と「歴程」を創刊。14年ハルビンに渡り満州生活必需品配給会社に勤務、「満州浪漫」同人。18年関東軍報道班員となり新京で敗戦を迎えた。草野心平編「逸見猶吉詩集」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

逸見 猶吉 (へんみ ゆうきち)

生年月日:1907年9月9日
昭和時代の詩人
1946年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

逸見 猶吉の関連キーワード沢村 光博生年月日菱山修三沢村光博菊地康雄石川善助

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逸見 猶吉の関連情報