ウルトラマリン(英語表記)ultramarine blue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルトラマリン
ultramarine blue

絵具の色名の一つ。中世頃から,天然鉱石のラピス・ラズリを粉砕してつくった青色顔料。天然のものは中央アジア,中近東に産し,ヨーロッパではきわめて高価であった。 1824年フランス政府はこれに代る人工顔料の発明を奨励し,26年 J.ギメーが,続いて L.グメリンらが合成法を案出した。人工のものの組成はケイ酸アルミニウムナトリウムと硫化ナトリウムの複塩 Na10Al6Si6O24・Na4S2 で,やや赤みを感じる青色を呈する。同じ組成でも処理法によって色相のやや異なるものもつくりうる。油絵具としては普通ライトとディープがある。透明性も被覆力もあり,酸には弱いがアルカリや硫化ガスに対しては安定している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウルトラマリン【ultramarine】

群青(ぐんじよう)ともいい,紺青(こんじよう)(プルシアンブルー)とともに代表的な青色無機顔料である。硫黄を含むアルミノシリケート錯体の微粒子で,分子構造には定説はないが,一例としてNa8(Al6Si6O24)S(2~4)が提唱されている。光,熱,溶媒,アルカリに対して強いが,紺青と対照的に酸に対して弱くH2Sを発生して分解退色する。カオリンソーダ灰,硫黄,木炭または石炭(還元剤)をるつぼに入れ,密閉して750~850℃に40~50時間加熱して製造する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ウルトラ‐マリン

〘名〙 (ultramarine) 深い青色をした顔料。群青。紺青。
※輿地誌略(1826)三「亜爾抜斯多 白色石 育爾多剌瑪隣(ユルトラマリン) 青石、顔料とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のウルトラマリンの言及

【顔料】より

…有機顔料は一般に毒性が小さい。無機顔料の生産量は有機顔料に比べ非常に大きく,日本工業規格(JIS)に規定されている無機顔料は,亜鉛華,鉛白,リトポン,カーボンブラック,鉛丹,べんがら,黄鉛(クロムイェロー),群青(ウルトラマリン),紺青,亜鉛黄(ジンククロメート),沈降性硫酸バリウム,およびバライト粉,二酸化チタンの12品目である。次に代表的無機顔料を色別にあげる。…

※「ウルトラマリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android