コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逸見宗助 へんみ そうすけ

2件 の用語解説(逸見宗助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

逸見宗助 へんみ-そうすけ

1843-1893 幕末-明治時代の剣術家,警察官。
天保(てんぽう)14年生まれ。下総(しもうさ)佐倉藩(千葉県)の立身(たつみ)流居合術の師範役逸見忠蔵の長男。文久元年藩命で江戸にでて,鏡新明智(きょうしんめいち)流の桃井春蔵(もものい-しゅんぞう)の門にはいる。のち警視局巡査となり,明治20年警部。警視庁剣術の確立につくした。明治26年死去。51歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

逸見宗助
へんみそうすけ
(1843―1893)

明治の撃剣家。下総(しもうさ)(千葉県)佐倉藩の立身(たつみ)流居合(いあい)柔術の師範役逸見忠蔵(ちゅうぞう)信敬(のぶたか)の長男に生まれる。幼少から武術に励み、1856年(安政3)14歳のとき向井(むかい)流平水(へいすい)目録を、翌57年に立身流立合(たちあい)目録、60年(万延1)に同居合目録を得、61年(文久1)藩命によって江戸に遊学、鏡新明智(きょうしんめいち)流桃井春蔵(もものいしゅんぞう)(4代直正(なおまさ))の士学館において修行1年余、頭角を現した。80年(明治13)ころ山岡鉄舟の勧めで警視局巡査を拝命、85年警部補に昇進し、本郷元町に道場尚武館(しょうぶかん)を開いた。翌86年古参の梶川義正(かじかわよしまさ)、上田馬之助(うえだうまのすけ)とともに、府内各署に勤務する剣術世話係らの等級認定の審査にあたり、87年には警部に進んで、警視庁剣術確立期のリーダーとして活躍した。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逸見宗助の関連キーワード石山孫六稲葉久通伊庭想太郎斎藤弥九郎(2代)斎藤弥兵衛千葉一胤千葉佐那戸賀崎熊太郎(4代)萩原行篤森村官十郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone