コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遂翁元廬 すいおう げんろ

1件 の用語解説(遂翁元廬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遂翁元廬 すいおう-げんろ

1717-1790* 江戸時代中期の僧。
享保(きょうほう)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。白隠慧鶴(えかく)に20年間師事し,師の跡をついで駿河(するが)(静岡県)松蔭寺住持となる。慧鶴門下四天王ひとりで,東嶺(とうれい)円慈とならび称された。寛政元年12月20日死去。73歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。法名ははじめ慧牧。道号ははじめ酔翁。号は浮島。諡号(しごう)は宏恵妙顕禅師。著作に「白隠和尚行状」「宝蔵万蔵塒(ねぐら)」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

遂翁元廬の関連キーワード備後国浜辺黒人長久保赤水浜辺黒人長久保赤水浜辺黒人ヨーゼフ二世上田秋成柄井川柳梅暮里谷峨

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone