コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遅滞遺伝 チタイイデン

デジタル大辞泉の解説

ちたい‐いでん〔‐ヰデン〕【遅滞遺伝】

遺伝子卵細胞細胞質で発現し、形質が子に伝わること。母性遺伝の一。オナジマイマイモノアラガイの巻き方、カイコの卵の色などが遅滞遺伝として知られる。雑種第一代F1)の形質は母親の遺伝型によって決定されるが、遺伝因子は内の染色体に存在するため、雑種第二代(F2)でメンデルの法則にそった表現型が現れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

遅滞遺伝の関連キーワードメンデル

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android