コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイコ

デジタル大辞泉の解説

かい‐こ〔かひ‐〕【蚕】

《「飼い蚕(こ)」の意》
カイコガ幼虫。孵化(ふか)したては黒く小さいが、のち白い芋虫となり、体長7センチくらい。桑の葉を食べ、ふつう4回脱皮し、繭を作ってさなぎになる。繭から生糸がとれ、育つ時期により春蚕(はるご)夏蚕秋蚕などとよぶ。養蚕が全国に普及したのは近世以降。家蚕(かさん)。 春》「逡巡(しゅんじゅん)として繭ごもらざる―かな/虚子
蚕を飼うこと。養蚕を始めること。 春》「髪結うて花には行かず―どき/太祇

こ【蚕】

かいこ。「春―(ご)」
「たらちねの母が飼ふ―の繭隠(まよごも)り」〈・二九九一〉

さん【蚕〔蠶〕】[漢字項目]

[音]サン(漢) [訓]かいこ こ
学習漢字]6年
〈サン〉カイコガの幼虫。「蚕糸蚕食蟻蚕(ぎさん)原蚕養蚕
〈かいこ〉「蚕蛾蚕棚
〈こ(ご)〉「毛蚕(けご)春蚕(はるご)
[難読]沙蚕(ごかい)蚕豆(そらまめ)草石蚕(ちょろぎ)天蚕糸(てぐす)天蚕(やままゆ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいこ【蚕】

〔「飼い蚕」の意。普通、幼虫のことをいう〕
チョウ目カイコガ科の蛾。開張約4センチメートル。全身灰白色、はねに褐色の帯の入る品種もある。胴の太い割にははねが小さく、飛べない。幼虫は体長7センチメートルほどの白いイモムシで、桑の葉を食べる。繭から絹糸をとるため数千年前から中国で飼育され、のちに世界中に広まり多くの改良品種ができた。日本では春蚕はるごをはじめ夏蚕なつご・秋蚕あきごなどと称して農家での養蚕が盛んであった。カイコガ。家蚕かさん[季] 春。

こ【蚕】

かいこ。 「母が養ふ-の繭隠まよごもり/万葉集 2495

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蚕 (カイコ)

学名:Bombyx mori
動物。カイコガ科のガ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蚕の関連キーワードごろつき蚕白きょう病緑きょう病外山亀太郎微粒子病自然上蔟たらちねおしら講タッサー二化蚕透き蚕国蚕糸一化蚕棚飼い三眠蚕蚕寄り姫蚕樟蚕蚕室蚕種

蚕の関連情報