コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイコ

デジタル大辞泉の解説

かい‐こ〔かひ‐〕【蚕】

《「飼い蚕(こ)」の意》
カイコガの幼虫。孵化(ふか)したては黒く小さいが、のち白い芋虫となり、体長7センチくらい。桑の葉を食べ、ふつう4回脱皮し、繭を作ってさなぎになる。繭から生糸がとれ、育つ時期により春蚕(はるご)夏蚕秋蚕などとよぶ。養蚕が全国に普及したのは近世以降。家蚕(かさん)。 春》「逡巡(しゅんじゅん)として繭ごもらざる―かな/虚子
蚕を飼うこと。養蚕を始めること。 春》「髪結うて花には行かず―どき/太祇

こ【蚕】

かいこ。「春―(ご)」
「たらちねの母が飼ふ―の繭隠(まよごも)り」〈・二九九一〉

さん【蚕〔蠶〕】[漢字項目]

[音]サン(漢) [訓]かいこ こ
学習漢字]6年
〈サン〉カイコガの幼虫。「蚕糸蚕食蟻蚕(ぎさん)原蚕養蚕
〈かいこ〉「蚕蛾蚕棚
〈こ(ご)〉「毛蚕(けご)春蚕(はるご)
[難読]沙蚕(ごかい)蚕豆(そらまめ)草石蚕(ちょろぎ)天蚕糸(てぐす)天蚕(やままゆ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいこ【蚕】

〔「飼い蚕」の意。普通、幼虫のことをいう〕
チョウ目カイコガ科の蛾。開張約4センチメートル。全身灰白色、はねに褐色の帯の入る品種もある。胴の太い割にははねが小さく、飛べない。幼虫は体長7センチメートルほどの白いイモムシで、桑の葉を食べる。繭から絹糸をとるため数千年前から中国で飼育され、のちに世界中に広まり多くの改良品種ができた。日本では春蚕はるごをはじめ夏蚕なつご・秋蚕あきごなどと称して農家での養蚕が盛んであった。カイコガ。家蚕かさん[季] 春。

こ【蚕】

かいこ。 「母が養ふ-の繭隠まよごもり/万葉集 2495

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蚕の関連情報