コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物洗貝 モノアラガイ

デジタル大辞泉の解説

ものあら‐がい〔‐がひ〕【物洗貝】

モノアラガイ科の巻き貝。池沼・小川にすみ、水草に付着。貝殻は卵形で殻高約2.5センチ、ごく薄くて淡褐色。殻口は広い。時々水面に浮かび、空気呼吸をする。小形のものはヒメモノアラガイで、ともに肝蛭(かんてつ)中間宿主

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ものあらがい【物洗貝】

淡水産の巻貝。殻高約25ミリメートルの長卵形で、殻は非常に薄く半透明で、淡黄褐色。生きている時は肉が透けて見えるので、暗褐色。殻口がきわめて広い。池沼・水田にすみ水草などについている。肝吸虫の中間宿主。日本各地と朝鮮半島に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone