コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母性遺伝 ぼせいいでんmaternal inheritance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

母性遺伝
ぼせいいでん
maternal inheritance

遺伝による表現型が,その子に寄与した雄性生殖細胞の遺伝子構成とは無関係に,雌性生殖細胞の細胞質を通じてのみ行われる現象をいう。カイコガの卵の色や陸産巻貝のオナジマイマイの殻の右巻き左巻きの遺伝がその代表例。これらでは子の表現型は,母親の遺伝子型によって決り,1世代ずつ発現がずれることになるので,遅滞遺伝という。このほか,細胞質内たとえばミトコンドリアにある遺伝因子による細胞質遺伝も母性遺伝といわれ,酵母で呼吸能が欠けるプチットはこの例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼせいいでん【母性遺伝 maternal inheritance】

父(雄)親の遺伝子が関与せず,母(雌)親の遺伝子だけで子どもの表現型が決定される遺伝様式をさし,細胞質遺伝と遅発遺伝delayed inheritanceに分かれる。 遅発遺伝は母親の遺伝子型が直接子どもの表現型を決定するもので,したがって雑種第2代では表現型の分離が起こらず,第3代にもちこされるためにこう呼ばれる。モノアラガイの貝の巻き方は遅発遺伝の好例である。この貝には右巻きと左巻きがあり,右巻きはD遺伝子に,左巻きはd遺伝子に支配されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

母性遺伝
ぼせいいでん
maternal inheritance

染色体以外の主として細胞質内の因子が雌性配偶子(卵など)を通じて子孫に伝わる現象。これには2種類あって、その一つは、母親の遺伝子により卵子の細胞質中に蓄えられた因子が受精卵に伝えられる母性効果maternal effectで、その効果は受精卵の発生初期のみに限られ、発生が進むと胚(はい)自身の遺伝子によって種々の形質が支配される。カイコでは、越年卵という黒色の系統が普通であるが、褐色をした第一褐卵brownという系統がある。褐色卵の雌と正常の黒色卵の雄とを交配すると、雑種第一代は褐色卵となり、この逆交配では、雑種第一代は正常の黒色卵となる。雑種第二代はどちらの交配でも全部正常の黒色卵となる。この交配では正常黒色卵は褐色卵に対して優性であり、雑種第一代では、遺伝子型は両方の遺伝子がヘテロであるにもかかわらず、表現型は雌親の遺伝子型と同じになる。つまり、雑種第一代では母親の遺伝子が細胞質を通じて雑種第一代に伝わり、その形質に現れる。もう一つは、細胞質内のミトコンドリアやプラスミドに存在する遺伝子が雌性配偶子を通じて子に伝えられる細胞質遺伝cytoplasmic inheritanceである。この例としては、トウモロコシやダイズの斑(ふ)入りなどがある。またトウモロコシやタマネギの雄性殖不能という性質も母植物の胚乳の細胞質を通じて子孫に伝えられ、核の染色体遺伝子によっては支配されない。細胞質の中のミトコンドリアにも遺伝子DNAが存在し、細胞のエネルギー生産に関与する。ヒトのミトコンドリアには、環状のDNAがあり、1981年にこのミトコンドリアDNAの1万6569個の全塩基の配列が決定された。ミトコンドリアは、ほとんどが母親から卵の細胞質を通じて子孫に伝えられるので、ミトコンドリアDNAの塩基配列の変化を調べて、人類の起源、進化の過程をたどる研究も行われている。[黒田行昭]
『高橋信孝編『植物生活環の調節』(1990・東京大学出版会) ▽黒岩常祥著『ミトコンドリアはどこからきたか――生命40億年を遡る』(2000・日本放送出版協会) ▽林純一著『ミトコンドリア・ミステリー――驚くべき細胞小器官の働き』(2002・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

母性遺伝の関連キーワード外山亀太郎ボルバキア遺伝法則