コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遇賢里大墓壁画 ぐうけんりだいぼへきがUhyǒn-ri Taemyo pyǒkhwa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遇賢里大墓壁画
ぐうけんりだいぼへきが
Uhyǒn-ri Taemyo pyǒkhwa

北朝鮮,平安南道江西郡三墓里にある高句麗古墳壁画。7世紀頃の朝鮮古代絵画資料として有名。遇賢里大墓は江西大墓ともいわれ,付近の中墓とともに,玄室四壁いっぱいに四神図 (東壁に青竜,西に白虎,南に朱雀,北に玄武) を大きく描く。玄室の入口や天井の持送りには忍冬唐草文蓮華文飛天などの仏教美術図像や神仙,麒麟,鳳凰などの吉祥図像が流麗に描かれていて,高句麗古代絵画の水準の高さを物語っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android