コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓮華文 れんげもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蓮華文
れんげもん

蓮華 (はすの花) をかたどった文様。古代のエジプトインドで土器,建築柱頭などの装飾文様とされ,ことにインドでは,蓮華は仏教において聖花として尊ばれたため,仏教美術分野では多方面に用いられた。仏教の伝播に伴い東洋の各国に広まり,日本では飛鳥時代以来盛んに用いられた。文様としては蓮華だけを平面的に連続文様としたものと,蓮茎を加えて立体的に図案化したものの2様がある。寺院の瓦の瓦当装飾,仏像光背台座梵鐘や磬 (けい) の撞座など仏教美術の絵画,彫刻,工芸,建築の分野で広い用途がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

れんげ‐もん【×蓮華文】

ハスの花の形を基本とした文様。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

れんげもん【蓮華文】

ハス(蓮)の花の文様で,仏教美術上重要な文様だが,文様自体は仏教によって出現したわけではない。古代エジプトのスイレンを起源とするロータス文様が,古くメソポタミアギリシアイランなどで愛用された。蓮華文には正面型と側面型とがあり,正面型は満開の花を真上から見た形で,花弁放射状にならんで円をつくり,ロゼットとも呼ばれる。側面型は蓮弁文ともいい,何枚かの花弁を扇状に開かせて全体として釣鐘型をなし,パルメット文様の原型とされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れんげもん【蓮華文】

蓮華の花を文様化したもの。奈良・平安時代に瓦当がとうや仏像の光背・台座などに用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蓮華文
れんげもん

インドではアショカ王が建立した、ブッダガヤの欄楯(らんじゅん)にみられる蓮華文が最古で、アレクサンドロス大王の東征(前334~前323)によって、エジプトのロータスがギリシアを経て東漸したものと考えられる。その後インドではロータス(スイレン)から蓮華文へと変貌(へんぼう)し、写生的な表現の度を増していく。一方、後漢(ごかん)時代から西域(せいいき)を通じて、インド系とギリシア=西域系の蓮華文が中国に伝わり、以後中国の仏教美術に欠くことのできない模様となった。
 仏教では蓮華が仏の座として、さらには仏のいます極楽浄土の象徴とみなされ、寺院の建築装飾、仏像彫刻、仏画、仏具など多岐にわたって、この模様が使用された。日本の蓮華文は仏教伝来とともに始まり、主として上記のような仏教関係の荘厳具(しょうごんぐ)の装飾模様として使用された。
 こうした仏教における象徴としての蓮華文のほかに、中国では、周茂叔の『愛蓮説』に記されているように、ハスを花中の君子とみなし、さらには花が咲いたあとに実がなる普通の花とは違って、ハスは花と実が同時に生じるところから、貴子が早く生まれるようにとの祈願を託した吉祥(きちじょう)模様として、建築、家具、什器(じゅうき)、また装身具などの装飾に用いられた。村元雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蓮華文の言及

【瓦】より

…瓦当面に飾られる文様は,半瓦当では饕餮(とうてつ)文,動物文,樹木文などが主体であり,秦・漢円形瓦当では瓦当面を4等分して吉祥の文字を飾ったり,蕨手(わらびて)文を飾ったりする。これ以後の瓦当文様には,おおむね蓮華文が用いられるようになるが,その実体はさほど明らかにはなっていない。施釉の瓦は,敦煌壁画などをみれば,隋代には存在したようである。…

※「蓮華文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蓮華文の関連キーワード高宮廃寺跡〈大阪府〉乙女不動原瓦窯跡燕岐地方石仏碑像南滋賀町廃寺跡遇賢里大墓壁画飛騨国分寺塔跡土師百井廃寺跡アジャンタ壁画軍守里廃寺址幡多廃寺塔跡舞木廃寺塔跡常陸国分寺跡鬼瓦(建築)下野薬師寺跡岩井廃寺塔跡陸奥国分寺跡大吉山瓦窯跡上野廃寺跡巨勢寺塔跡北野廃寺跡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android