コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運動視差 ウンドウシサ

デジタル大辞泉の解説

うんどう‐しさ【運動視差】

観察者の視点または観察対象が移動することによって生じる視差。例えば、列車車窓からの風景は近いものほど速く動き、遠くのものほど遅く動く。この速さの違いにより遠近を把握することができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の運動視差の言及

【視覚】より

…一つは,物の動きを両眼の網膜上の動きの違いから認知する方法である。すなわち,物が鼻に向かって近づくときには右目の網膜の映像は右方向,左目では左方向に動き,遠ざかるときには左目では右方向,右目では左方向の動きが生じる(これを運動視差という)。等距離で運動するときにはこのような運動視差は生じない。…

※「運動視差」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

運動視差の関連キーワード奥行知覚空間知覚視空間

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android