コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過剰米 かじょうまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過剰米
かじょうまい

生産量が消費量を上回って過剰になった政府の貯蔵米をいう。梅雨を1回越した古米,2回越した古古米,3回越した古古古米がある。 1970年度末に 735万tの過剰米が生じたことから,食糧庁に過剰米処理検討会を設置。減反転作奨励金を出す生産調整政策を開始するとともに,71年度から年間 200万t,4年間で処理することを決め,家畜飼料用や加工原料に振向けるなどの処置を実施してきた。 69年から 89年までの過剰米処理や生産調整への財政支出額の合計は,約7兆 5000億円にもなった。しかし過剰米は,減反政策の強化などにより近年ではむしろ減少傾向にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かじょう‐まい〔クワジヨウ‐〕【過剰米】

生産しすぎて余ってしまった米。米価の下落を防ぐため、市場に流通する分とは別に管理される。余剰米

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

過剰米の関連キーワードコメ政策改革大綱食品総合研究所食糧管理制度荷見安食糧法米粉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

過剰米の関連情報